2016年07月11日

信号炎管

新潟115系の信号炎管バリエーションを調べてみました。

2016~07~11-IMG_7249.jpg




今まで撮影した物から見て分けてるので、位置によっては判断が難しいものがあります。

◆C・D・Eについては、屋根にくっついてるのもあれば微妙に隙間があるものがあります。
◆C・Dについては長さの違いなので微妙なものがあり。
◆表の下にA〜Eまでの各種写真あります。

※新潟方向は信越本線を基準にしてます。
20160711.png


▼各種画像▼


2016~07~11-A.jpg
A・・・標準タイプ。


2016~07~11-B.jpg
B・・・埋まったタイプ。新潟115系には居ません。


2016~07~11-B2.jpg
B短・・・Bのちょっと上がったタイプ。


2016~07~11-B3.jpg
B長・・・更に長いタイプ。L1編成新潟側のみ。


2016~07~11-C.jpg
C・・・Bのちょっと大きいタイプ。こちらは隙間があります。


2016~07~11-C2.jpg
C短・・・柱がちょっと見えるタイプ。


2016~07~11-C3.jpg
C長・・・更に長くなったタイプ。S5編成のみ。


2016~07~11-D.jpg
D・・・Cよりさらに長いタイプ。


2016~07~11-E.jpg
E・・・大きいタイプ。2段になってます。こちらは隙間がありますが完璧にくっついてるヤツもいます。


2016~07~11-E2.jpg
E短・・・柱が見えるタイプ。


2016~07~11-E3.jpg
E長・・・更に長いタイプ。長いと言うか下部がカットされてる感じですね。N20編成新潟側のみです。


折角なので高崎の115系も調べてみようと思います。
posted by 美輝川 at 00:00| Comment(0) | 115系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。